コラム第35回目


clubberiaを御覧の皆様こんにちは!

3月に入り春まっしぐらですが、CD HATAは2月雪まっさかりの北海道に10日間ほど、CD HATA & MASARU Octopus Roope Release Tour in HOKKAIDOってことでDJ4本とMASARUくんと次回作のトラック制作をしてきました。
MASARUくんのスタジオの近くにkuniyukiさんのスタジオもあるということでお邪魔してきました。
今回はその様子をレポートします。



CD HATA「今日はお招きありがとうございます!ずっと使っている雰囲気ありますよね。生まれ育ったのはこの場所なんですか?」

kuniyuki 「住まいは別の場所に移ったんですが、10歳くらいからここで育って友達がこぞってやって来てはいろいろやってましたよ。拾ってきたドラムを叩いたり、かなりロックンロールなことをやってましたね(笑)。」

CD HATA「秘密基地的な(笑)、生活する場所と作業をする場所が別にあるっていいですよね。ここに来たら作業に集中するみたいな。自宅スタジオだとついつい、あっ洗濯しなきゃとか、集中力が散漫になっちゃったり。」

kuniyuki 「それは大きいですね。自分の中で決め事をきちんと決めてやれば自宅でもストレス無くできるんだろうけど。でも某友人アーティストは自宅にスタジオを作って良かったって言ってましたね。彼は本当に制作中毒で、とどまることなく入り込んでしまって、家族と一緒のスペースにスタジオがあることによって家族がその制作中毒のストッパーになってくれると言ってました。」

CD HATA「なるほど、凄い入り込み方するんでしょうね。そのストッパーが無いと何十時間もご飯食べるのも忘れちゃうくらいとか。」

kuniyuki 「僕の場合は長いことここで音楽を聴いたり作ったりしているので、場所を変えても落ち着かないというのもありますね。父親は絵描きなんですが元々ここはそのアトリエで大きい絵もおけるように天井も高くなってます。」

CD HATA「天井が高いと天井からの変な音の反射が無くていいですよね。そして、このスピーカーが民生機だけどずっと使われてるスピーカーだそうですね。」



kuniyuki 「同じやつのストックも持ってるんですよ。自宅にMACKIEのスタジオモニターもあって、自宅ではリファレンス的に細かい所を確認するようにしていて、ここではもっと音を体感したりしながら作業できるように使い分けています。」

CD HATA「いろんな機材が所狭しと並んでいますね。」

kuniyuki 「これでも機材はかなり減らしましたよ。ソフトシンセが出てきて、元々ハードあがりなんで、ソフトシンセの便利さには衝撃を受けて、僕らの年代は機材をどんどん手放していく人も多かったと思いますよ。」

CD HATA「一回売ってしまって、やっぱりまた買い直すって人もいますよね(笑)」

kuniyuki 「いますね(笑)。このJUNO-60は中学の時に手に入れたもので、ずっと母親の実家に寝かしておいて、去年10何年ぶりに持ってきました。」



CD HATA「ソフトシンセとハードシンセはどれくらいの比率で使ってますか?」

kuniyuki 「半々くらいですけど、mule musiqから出す新しいアルバムを作っていて、それはハードシンセをメインにしようと思っていて、いろいろ試行錯誤していますね。ハードシンセには独自のグルーブがあるから、そのグルーヴに委ねることができますよね。そこから生まれる自分の考え方とかも取り入れていきたいし、でも結局は自分がホストになってコントロールしないないといけないわけで、だからあえて半々にしていますね。」

CD HATA「ソフトシンセはやっぱりリコールが利くっていうのが大きいですかね。」

kuniyuki 「リコールが利くっていうのは便利ですよね。と同時にリコールが利かないハードシンセだからこそ、録音する時の集中度が高いっていうのもあります。」

CD HATA「これで決めなきゃっていう気合いって、出てくる音に反映されますよね。」

kuniyuki 「そうですね。それに近いことで言うと、ライブの時は録音するようにしているんですけど、録音するっていう意識を持つと失敗しちゃいけないっていうのが無意識に働くのか、しっかりした演奏になるんですよ。やっぱり集中力って大事じゃないですか。集中して向かい合うっていう意味ではハードシンセの方が適しているかもしれませんね。」

CD HATA「その時の集中力の度合いとか、後から録音を聴いてもハッキリわかりますもんね。」

kuniyuki 「あと鍵盤のタッチに関しても、さっきの中学の時から使っているJUNOが自分の中で基本になっているんですよ。MIDIやUSB鍵盤だとどうしてもレイテンシーがあったりして、レイテンシーがあると無意識にそのレイテンシーに合わせて早く弾いてしまう癖がついちゃうんですよ。そうすると今度、生のパーカッションを叩いたりするとリズム的に突っ込んでしまったりするんですよね。心のリズムみたいなものにきちんとついてきてくれるのがJUNO-60で、久しぶりに触ってみたらコレなんだなって思いました。HATAさんもそういうシンセってありますか?」

CD HATA「Dachamboが今年で16年目なんですが、Novaton K-stationとAlesis Micronを使っていて、一回機材を入れ替えようと思って、これまで使っていた音色を違うシンセで再現してみたんですけど、微妙にバンドに馴染まないんですよね。この曲はこの音色でっていうのがあって、近い音なんだけど何か違うっていう違和感が出ちゃって、かと言って機材を増やすのも嫌なんで結局同じ物をずっと使っています。3台くらい同じ物を持っていて、故障すると入れ替えて修理に出してって使ってます。」

kuniyuki 「わかります!自分もちょうど今、ライブセットで使う機材を見直していて、使いたい機材を全部持っていこうとすると大変な量になるから、なるべくコンパクトにしないといけなくって、iPadのアプリなんかも試してみたりしたんですけど、いまいちフィットしなくて、やっぱり使い慣れている物に戻ってきて。」

CD HATA「やっぱりJUNO-60はいいなぁ~に(笑)」

kuniyuki 「今考えるとJUNO-60の存在は大きいですね。ただ今現在作っている音楽がすべてJUNO-60から生まれてきているというわけではないですし、新しいRoland SYSTEM-8なんかはJUNO-106やJUPITER-8もモデリングしていて、さらにJUNO-106には無かったエフェクターだったり全然感覚が違う部分もあって、また新鮮でいいですよ。」



kuniyuki 「あとやっぱりJUPITER-8は流石ですね。」

CD HATA「このJUPITER-8は、なんでもお友達の所からやってきたんだとか」

kuniyuki 「そうなんですよ。友達の親族がエレクトーンを買いに行って、持って帰ってきたのはJUPITER-8だったという(笑)」

CD HATA「その親族の方は見る目がありますね(笑)」

kuniyuki 「ずっと使って無かったらしく、鍵盤もツルツルで傷すらついてないんです。」

CD HATA「こんな綺麗なのは珍しいですよね。」



CD HATA「ハードウェアのエフェクターも使っています?」

kuniyuki 「使ってますよ。こっちに実験的なアプローチをする機材を集めているんですが、その中に組み込んでいます。」



kuniyuki 「といっても、ディレイが4つとリバーブが2つと偏っていますが(笑)。ディレイが元々好きなんですよ。」



kuniyuki 「一番上のRoland SDE-3000は近所の中古ショップで最近手に入れました。」

CD HATA「Roland SDE-3000は定番の機種ですよね。最近は安く出回っていますよね。」

kuniyuki 「相場よりもかなり安かったんで思わず買ってしまいました。一番下のKORG GR-1 Spring Reverbは本物のスプリングが入っていて、本体を叩くとスプリングが揺れるシャーンという音もしますよ。あとオススメはこのVesta Kozo DIG-420」



kuniyuki 「これはサンプリングディレイで、流している音に対して録音ボタンを押すとサンプリングされ、ディレイ音として繰り返されるんですがCV/GATEがついていて、その音とアナログシーケンサーを同期させることができるんですよ。面白い効果が生まれますよ。」

CD HATA「これは京都のバンドsoftのメンバーとしてシンセサイザーを弾いていたサブさんが作っているやつですよね。」



kuniyuki 「dicoというブランドです。これはステレオのアナログフィルターでいい音がしますよ!これを通すだけで質感がいい感じにもなってエンジニアの中では、そういう使い方をする人もいますね。この写真の一番上の物もそのブランドの物ですね。」



CD HATA「そして、このモジュラーが!」



kuniyuki 「DOPE REALのモジュラーなんですが、今一番いじっていて楽しい物ですね。今でこそ凄いモジュラーが盛り上がっていますが、昔は情報も無いし何もわからなくて、興味はあったんですがなかなか手が出なかったんですよ。そう思っていた所、札幌のDOPE REALの友人が作ったものを触らせてもらったらハマってしまって、すぐお願いして作ってもらいました。」

CD HATA「流石、ドープでリアルなシンセの音がしますよね!」

kuniyuki 「冨田勲さんが好きで最近聴き直しているんですが、当時おそらくオープンリールにまずシンクのガイドを録音して重ねていきながら、moogのアルペジエーターも使ったりしていたと思うんですけど、こんな協奏曲をまとめていくのって凄い大変じゃないですか。今だったらオートメーションやら便利になっていますけど、一つ一つ作られていて、もう謝るしかないというか(笑)、素晴らしいですよね。」




数々のkuniyukiサウンドが生まれてきた歴史感じる作業スペース
これまであの人やこの人も遊びに来たことがあるようです。
いろいろ面白い話が聞けました。
今日はありがとうございました!




おまけ
この本も気になっちゃったなぁ~!



北海道編は、第二弾なんとあの人のスタジオにもお邪魔してきました。
乞うご期待!!!

  CD HATA


archive
第一回 「Kaossilator Pro」その1
第二回 「Kaossilator Pro」その2
第三回 温故知新!?
第四回 「PICnome(ピクノーム)」その1
第五回 「PICnome(ピクノーム)」その2
第六回 「CI2+ de CUBASE 」
第七回 音楽制作の移り変わりと時代の変化に対する不可分的相関関係について!?!(タイトルなげぇ?!?)
第八回 「年末スペシャル」MIXに深みあり、人に歴史あり!!!
第九回 新年のご挨拶
第十回 KAOSS PAD QUAD「くわぁ~ドォ!!!」
第十一回 【社会の時間】社会科見学の巻
第十二回 音を見る!!!
第十三回 りらっくスタジオ
第十四回 新年あけまして~!!!旅のお供にmonotron DUO&monotron DELAY
第十五回 やっぱ幅の広さは大切ッスね!!!
第十六回 スペインはバスクからのウェルカム!!!
第十七回 裏の裏は表だったのだ!!!
第十八回 人生がインプロビゼーション
第十九回 一枚のアルバムができるまで
第二十回 やっぱり繋がりって大切ですよね!!!
第二十一回 マ~ヤっぱり2013年もよろしくおねがぁいをしま~す!!!
第二十二回 このコラム 3rdアニバーサリーなのさ~ど!!!
第二十三回 へび年クネクネ振り返る!!!
第二十四回 小さな巨人『littleBits』
第二十五回 わかりはじめたハイレゾリューション
第二十六回 世界基準の田舎テクノフェス その名「rural」
第二十七回 Ableton Liveを酒の肴に
第二十八回 形あるものへの美学
第二十九回 Machine-de-MUSICとMASCHINEで
第三十回 モジュラーシンセは無限大の音作り
第三十一回 シンセ番長の大博物館
第三十二回 "CD HATA & MASARU / Octopus Roope" 音の中身はこうなっている
第三十三回 日本初 音楽カンファレンス&イベント『TOKYO DANCE MUSIC EVENT』
第三十四回 蜻蛉-TONBO-「Tokyo Mad Cave」リリース記念 O.N.O a.k.a MachineLive対談インタビュー
第三十五回 Machine-de-MUSIC 北海道編 第一弾 kuniyuki studio
profile
DJ HATA
CD HATA


Yahoo公認フェス番長”Dachambo”のシンセサイザー担当
Dachamboは5度のフジロックへの出演しており、ライジングサン、朝霧jam、サマーソニックなど日本のフェスへ多数出演することで、Yahooよりフェス番長の称号を与えられる。
またオーストラリアツアー、アメリカツアーなどワールドワイドに活躍し2016年9月16日ベスト盤アルバム”HERBEST”をリリース
http://goo.gl/ywPyvU

CD HATA名義のテクノDJとしても、野外フェス、クラブイベントで精力的に活動中
remix制作、MixCDリリース、アンビエントアルバムをリリースし、オーストラリアやフランス~スペインツアーなど海外でも活躍し、元i-depの藤枝伸介との「Polar Chalors」Ableton認定トレーナーKOYASとの「CD HATA×KOYAS」kannonsoundプロデューサーMASARUとの「CD HATA&MASARU」等、多彩なリリースを重ねる。

また、300ページに及ぶ「Logic Studio テクニカルマスター」執筆などデジタル機材に精通しており、DJスクールidpsで楽曲制作の講師を務める。
http://www.idpsorg.com/production


『CD HATA』
facebook
http://www.facebook.com/CDHATADachambo
Twitter
http://twitter.com/DJHATA_Dachambo
tumblr
http://hatadachambo.tumblr.com/
mixcloud 
http://www.mixcloud.com/CDHATA/
YouTube
http://www.youtube.com/playlist?list=PLMm1DgIPaBk-QX9Lq-k-TfyV_RhrCQHDc
beatport
https://pro.beatport.com/artist/cd-hata/190156

INFOMATION


海外・日本の第一線で活躍する現役DJを常任講師として迎えているDJスクール「IDPS」にてCD HATAも講師をしています。
東京校楽曲制作コースではLogic Proを、楽曲制作オンラインコースではAbleton LiveまたはLogic Proを選択可能となっています。
興味のある方は、カウンセリングの予約をお願いします。

東京校 楽曲制作コース
http://www.idpsorg.com/production

楽曲制作オンラインコース
http://www.idpsorg.com/production_online


DJ SCHEDULE


世界の子ども達に募金を集める総合イベント「Seven Senses」 第6回目の開催が決定!
Fund Raising Event for Orphans in India
Date: 2017.03.26 12:00-22:00
Venue: WOMB, Shibuya
DOOR: ¥3000 (Early Bird ~13:00 ¥1000 OFF)
UNDER 22YEARS OLD ¥2000
UNDER 12YEARS OLD ¥0
Genre: Indian Instrumental, Live music, Bollywood, Bellydance Show, Psy-trance, Progressive, Trance, Techno, Chillout
Lineup: Listed Below(*1)

■■■ LINE UP (A-Z) ■■■

>>>MC
MC Riya
MC Miyu Jinniyah

>>>LOVE BOLLYWOOD IN TOKYO TIME (13:05~14:15)
Ayako Sekimoto (Bollywood Dancer)
Chakrika (Produced by Ayako Sekimoto)
___Chie
___Naoko
___Yoccie
___Yukari

Love Bollywood Dancers
DJ Karthik (Bollywood Disco Time)

>>>LIVE MUSIC & DANCE PERFORMANCE
Bidi & Sarasvati
___Natacha (Bellydance)
___伊藤礼 (Sitar)
___CD HATA (Track)
Cyma (Indian Instrumental)
___Shiyu (Santur)
___佐藤未輪 (Sitar)
Ethno-Exotica Vaudeville(coco鮎美 主宰)
___ami
___Ellie
___MIKIKO
___Miyuki
Jiyuu Jidai Project(Strings Instrumental)
___MADOKA (Strings player)
___KGO (Electronic, Synth)
___KGee (Engineer Director)
___RumiEva (Dancer)
___MoMo(Vocal)
Planetary Brothers (dmt music, us & canada)
___ Daleks (Synth, Programming)
___ 中村インディア (Dancer)
SAHELIA (Bollywood)
TelQuel (Synths, keyboard, drum machine)

>>>DJ SET
Dhali (Funk Time)
HATTA (Grasshopper Records)
HISA (OverDrive / Good Vibes)
JESHI
KAZUKI SERA (HYDRANT / 666)
MOG (Uroboros records / Wing Makers)
ODORIKO (Luca Label / Digital Om Productions)
Pandora
RINRIN (陰陽蔡)
Rinaly (TCPT)
Sayatec (Transfigure)
seiji animaminimal (Dance Of Shiva/Mandalavision/蟲の響)
TAKU (Green Magic)
TOMITA (Candyflip/NakeD)
YAMATO (Libero)
Yohei (Twenty 4 Seven Records)

>>>BODY BUILDING SHOW
清水 泰地

>>>BELLY DANCE SHOW
Jewel
Jinniyah Maco
MEGU
Menekse
Shams


■UV ART
kocha wadda

■VJ
Astronomical
Megadrill
極楽鳥

■DECORATION
Funk Time

■ FOOD
shanticurry

■ SHOP
dreamai (Sunshine Spirit)
PEACE CANDLE
shaMany
レザークラフトCK13

■■■ ART WORK ■■■
Flyer Design: Aashit (IND)
Seven Senses Logo Design & movie: Rafael Atacama (GMN)
VIdeo: Eddie Samurai (NED), music by Bright Light (ISR)
Picture of Child: GLC (IND)

■■■ Cooperation ■■■
akonet studio & photos
Love Bollywood in Tokyo
Sound: KGee

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(English follows the Japanese)
今回は世界で最も孤児が多い国「インド」にある孤児院を支援します。インドの孤児は定義により推計2000万人とも3500万人とも言われています。(2011, SOS Children’s Village / 2003, UNICEF)
実にインドに生まれた子どもの4%が孤児であり、この内0.3%は両親の他界によるもの、残りの99.7%は何らかの理由で親から手放されてしまった子ども達です。(詳細 https://www.soschildrensvillages.ca/india-now-home-20-million-orphans-study-finds )

Luca Label (*2)がこれまで直接訪問した孤児院の中で「子どもたちのために適切かつ有効に募金が使われている」と判断した施設へイベント利益の全額を寄付します。寄付の領収書は孤児院訪問レポートと併せて本イベントページにて責任を持ってご報告させて頂きます。

募金先:
Good Life Center(チェンナイ)
子ども達は明るく生き生きと生活しています。教育・衣食住に関してサポートが行われている孤児院ですが、孤児の増加に伴い新たな施設の建設が急務となっています。
http://www.goodlifecentre.org/

———————————————————————

貴方の参加が子ども達に勇気を与えます。

DJによるダンスミュージックに生演奏のLiveパフォーマンス、豪華ダンスショーやアートショー、美味しい料理屋さんもやってきます。大人から子どもまで楽しめる分煙制のイベントに是非お運びください。

———————————————————————

簡単インターネット送金でこのイベントを応援しよう!

https://www.gofundme.com/seven-senses-2017

ご都合により会場に来られない方のために、クラウドファンディングサイトを設置致しました。
人生は「何を持ったかではなく、何をしたか」だと思います。
今このサイトをご覧頂いているのも、何かのご縁ではないでしょうか。
どうか、この意義あるイベントのスポンサーになって頂けませんか。皆様の温かいご支援をお待ちしております。
– Together we can make a Difference –

———————————————————————
*1) Lineupは予告なく変更になる場合がございます。
*2) 2012年に音楽を通した社会貢献を念頭として設立された DJ ODORIKO 主催の音楽レーベルです。
■注意事項:
a. 法律等で禁止されている物・脱法ドラッグの持ち込み、危険行為、飲酒運転を固く禁止いたします。
b. 会場での荷物の盗難・紛失につきまして一切の責任を負いかねますので管理には十分お気をつけください。
c. 飲酒・喫煙は4階にてお願いします。メインフロアでの飲酒・喫煙はご遠慮下さい。4階入場には20歳以上である事を証明するIDが必要となります。顔写真付きの身分証明書をお持ち下さい。(生年月日記載、コピー不可)




SECTION × CORE SYSTEM Presents
【CD HATA & MASARU Octopus Roope Release Tour KANAZAWA】

長年金沢のアンダーグラウンドシーンを支えてきたSECTIONとCORE SYSTEMが初コラボイベントを開催!!
メインアクトにDachamboのシンセサイザー担当CD HATAと、サイケデリックトランスプロジェクトXANAXの活動でも知られるDJ MASARUとのユニットCD HATA & MASARUに決定!!
昨年11月16日にHinowa Recordingsとのコラボレーションアルバム『OctopusRoope』をリリースしたばかりの2人のPlayを是非体感して下さい!!

SECTION × CORE SYSTEM Presents
【CD HATA & MASARU Octopus Roope Release Tour KANAZAWA】

■開催日 
2017年4月1日 
開演22:00

■開催場所 
BASE kanazawa 
石川県金沢市片町1-1-29混元丹ビルB1

■料金 
2500円1d

【GUEST DJ set】
○CD HATA 【DACHAMBO】
○MASARU 【KANNON SOUND】

○KEITA(SECTION)
○Tsuka (Core System /SECTION )
○Makozi (Core System /SECTION )
○MotO(陰陽蔡/SECTION)
○岳(ZION/SECTION)

【Deco】
AZMA (Core System / Good Vibes)




2017.4.2(SUN)
Sofa Techno special
@松本Gnu2nd
Open:15:00/Close:21:00
Entrance Free

Special Guest
CD HATA (Dachambo)
Masaru (Plus Rec/Kannon Sound)

DJ's
Kazuyoshi Shimamura (ALL THAT)
Junpei (ALL THAT)
Sunte (海リリリ)

松本Gnu2nd
長野県松本市深志1-2-15
CENTURY MAXIMビル4F
TEL 0263-88-6352
https://www.gnu-matsumoto.com

フェイスブックイベントページ
https://www.facebook.com/events/641389439381233/


INFOMATION
release

release

RIPPLE

CI2+

release

release

release

release

release

release

release