コラム第30回目


clubberiaをご覧の皆様いかがおすごしでしょうか?
今回は記念すべき30回目、またまたスペシャルな感じでいきますよ!
2016年6月に行われた、モジュラーシンセの体験型総合見本市「Tokyo Festival of Modular 2016/東京国際モジュラーシンセフェスティバル」をレポートします。



近年注目の的「モジュラーシンセサイザー」
その魅力と可能性を多面的に紹介するイベント、それが「Tokyo Festival of Modular」です。
モジュラーシンセ好きのHatakenさんとDave Skipperさんが出会い始まったこのイベント、2013年に第1回目が開催され、2015年には東京と京都の二都市で開催、そして今年は前夜祭として6/10(金)六本木SuperDeluxeでの「Premium Live of Modular」6/11(土)12 (日)にRed Bull Studios Tokyo Hall 5階のラウンジとレクチャーホールでの「Tokyo Festival of Modular」そしてさらに前日のDOMMUNE「Gathering of Modular」を加えると4日間の大イベント
電子音好きのCD HATAもどっぷりと楽しみました!

では、その様子を紹介していきます。

前夜祭「Premium Live of Modular」が行われた六本木SuperDeluxeは、Dachamboでも何度かLiveをやったり、Polar ChalorsではサラウンドのLiveをやったりと馴染みの場所。
Noroeste (France), George Chua (Singapore), Richard Devine (US), Eat Static (UK)の4アーティストが、それぞれモジュラーシンセを使ったライブセットを行いました。



まずトップバッターは、Noroeste (France)



自分で作った映像もコントロールしながらの叙情的な演奏
自分でモジュラーも作ってもいるそうです。



そして2番手は George Chua (Singapore)
ジワジワとストイックに攻めてきます。



オイルのVJも加わって会場の温度感もあがっていきます。



そしてメインアクトの一人、Richard Devine (US)
リズム要素も色濃くなっていき、お客さんも興奮気味



使っているモジュラーも複雑にシステム構築されたものでした。
ライブ終了後に機材チェック



そしてトリは、Eat Static (UK)
スペーシーでサイケデリックなOzric Tentaclesでドラマーとキーボードプレイヤーとして活動していたMerv Peplerの登場です!!!







こちらも終了後に機材チェック



前夜祭というには豪華すぎる内容
次の日からの「Tokyo Festival of Modular」に期待が高まります。

ここでモジュラーシンセサイザーって何?という方への補足説明

モジュラーシンセサイザーの誕生は、モーグ博士が1964年に発表した電子楽器に始まります。
その初号機はモジュラー方式でした。
モジュラーシンセは、シンセサイザーを構成する発信器、フィルター、アンプといった独立した各々のパーツ(モジュール)を、結線でつなぎ合わせる(パッチング)ことで、演奏者オリジナルの音色を生み出すことができる楽器です。
決められた回路で、決まった音色を出す現代のシンセサイザーとは異なり、モジュールの組み替えとパッチングによって音を作り替え、オリジナルの演奏装置をカスタマイズする感覚で自由な音を作り出せるのがモジュラーシンセの醍醐味と言えます。

シンセサイザー本来の「シンセサイズ=合成する」という、実機を生でパッチングすることでのフィジカルな音作りや、一期一会の音に出合う創造性、メカニックなルックスなど、とにかく刺激的なんです!

あとモジュラーシンセの音はアナログだけと思われがちですが、音源自体はアナログもデジタルも存在します。
特にデジタルのサウンドこそが今のモジュラーシンセの最先端として人気の的となっています。
デジタル技術の進歩によるコンパクト化も果たされています。
コンピューターやソフト、その他のハードウェアとの相性も良く、レーザーや映像のコントロール、エフェクト専用のモジュラーシンセも存在します。

モジュラーシンセは使い方しだいで、例えばDJのプレイに取り入れることもできます。
単純にモジュラーシンセといっても、リズムマシンにも、効果音のソースとしても、サンプラーとしても、ギタリストのエフェクターにでもなりえます。
すべては選ぶ機材とパッチングしだいです。
さらに、ユーロラックという世界共通のラックサイズの規格に合わせて、全世界の誰もがモジュールをリリースし、提供できることも挙げられます。
作り手にもなり、演奏者にもなれる、世界各国の開発者から斬新なアイデアと共に次々と新製品がリリースされています。

そんなモジュラーシンセの見本市、レクチャー、ミニコンサート「Tokyo Festival of Modular」の様子を紹介します。

まずはそのメカニックなルックス御覧ください。



いやー見ているだけでも楽しく、実際に触って音を出すこともできますし大盛況です!



CD HATA&MASARUで一緒に活動している、DJ MASARUくんも興味津々



CD HATA×KOYASで一緒に活動している、KOYASくんも熱心に説明を聞いています。



KOYASくんが説明を聞いていたのは「REON」というメーカーのもの
ピンクのREON DriftBoxと歌うシンセ女子Risaさん




DRUNKEN KONGのD.Singh氏も、elektronのJapan Branch DirectorのSimon Krusellさんと一緒に音を出しています。
elektronのアナログドラム・マシンやアナログ・シンセサイザーは強力で、Overbridgeという機能を使ってアナログハードウェアとDAW環境を完全に統合することができます。




前回のこのコラムで登場した Mitsu the Beatsくんがお気に入りというTeenage EngineeringOP-1PocketOperatorシリーズも展示されていました。




ホールではレクチャーやミニライブをやっています。

Envelope77さんによる「モジュラーシンセ音遊び入門」では、モジュラーシンセに興味があるけれどもいま一歩踏み込めない人や、片足を突っ込んでいる人に対して、その沼にどっぷり引きずり込むような(笑)、モジュラーシンセの基礎的な話からマニアックな話までのレクチャーがありました。



Jim O'Rourkeさんと琴奏者のHitomiさんによるライブ



おそらく、Jim O'Rourkeさんの右手の動きで反応するセンサーで音が出るような機材だったのかな?



4ms Companyさんのドラムループをポリリズミックに加工していくレクチャーには、Richard Devineさんも加わってマニアックな所まで攻めていました。



そしてオールラストは EAT STATIC
前夜祭とはまた少し違ったアプローチで今回のフェスティバルを締めくくってくれました。



まさに電子音楽の一大フェスティバル
また次回も楽しみにしています!!!


モジュラーシンセ的な楽しみ方をできるソフトウェアシンセサイザーの一つとして、Native InstrumentsREAKTOR 6があげられます。
REAKTORはCD HATAもずっと気になっていて、このコラム第五回目に登場してもらったnumbさんはREAKTORのスペシャリストだし、第二十六回目に登場してもらったTAKAAKI ITOHさんも使っていて気に入っていると言っていました。
元々、Native Instruments社のTRAKTORは、この第八回でも取り上げているように昔から使っていましたし(懐かしいバージョンのTRAKTOR画像w)、第十七回目に登場してもらったDE DE MOUSEさんもNative Instruments社の音が好きというコメントがありましたが、遂にCD HATAもREAKTOR 6を導入しました。
まずファーストインプレッションとしては、皆さんおっしゃっていたように音がいい!!!



目玉としては、やっぱり新機能BLOCKS
モジュラーシンセをいじる感覚でをパッチングして独自のシンセを構築することができます。
そして、BLOCKS 1.2 アップデートでは新しいCV/GATE及びMIDI機能をコントロールするBLOCKS、
アナログドラムモジュールのBLOCKSやMASCHINEと連動するBLOCKSが導入されました。
これによって、REAKTOR 6とハードのモジュラーシンセの組み合わせの可能性も広がります!



このBLOCKS自体を作成することができますし、REAKTORユーザーコミュニティーには沢山のBLOCKSが公開されています。
これをダウンロードすればREAKTORライブラリーをさらに充実させることができます。
CPUが許す限りいくつでもモジュールをつなげることができるのもソフトウェアの恩恵ですね。
REAKTORユーザーコミュニティが制作した4,000を超える無償のインストゥルメントやエフェクトもあるし、これはこれではまること間違いなし!!!



いろいろな方法での音作りは楽しく無限大、これからも更なる可能性に期待大です!!!

 CD HATA




archive
第一回 「Kaossilator Pro」その1
第二回 「Kaossilator Pro」その2
第三回 温故知新!?
第四回 「PICnome(ピクノーム)」その1
第五回 「PICnome(ピクノーム)」その2
第六回 「CI2+ de CUBASE 」
第七回 音楽制作の移り変わりと時代の変化に対する不可分的相関関係について!?!(タイトルなげぇ?!?)
第八回 「年末スペシャル」MIXに深みあり、人に歴史あり!!!
第九回 新年のご挨拶
第十回 KAOSS PAD QUAD「くわぁ~ドォ!!!」
第十一回 【社会の時間】社会科見学の巻
第十二回 音を見る!!!
第十三回 りらっくスタジオ
第十四回 新年あけまして~!!!旅のお供にmonotron DUO&monotron DELAY
第十五回 やっぱ幅の広さは大切ッスね!!!
第十六回 スペインはバスクからのウェルカム!!!
第十七回 裏の裏は表だったのだ!!!
第十八回 人生がインプロビゼーション
第十九回 一枚のアルバムができるまで
第二十回 やっぱり繋がりって大切ですよね!!!
第二十一回 マ~ヤっぱり2013年もよろしくおねがぁいをしま~す!!!
第二十二回 このコラム 3rdアニバーサリーなのさ~ど!!!
第二十三回 へび年クネクネ振り返る!!!
第二十四回 小さな巨人『littleBits』
第二十五回 わかりはじめたハイレゾリューション
第二十六回 世界基準の田舎テクノフェス その名「rural」
第二十七回 Ableton Liveを酒の肴に
第二十八回 形あるものへの美学
第二十九回 Machine-de-MUSICとMASCHINEで
第三十回 モジュラーシンセは無限大の音作り
profile
DJ HATA
CD HATA from Dachambo


Yahoo公認フェス番長、日本最強(狂)サイケデリックジャムバンド"Dachambo"の「Machine and Motivation」担当
remix制作、MixCDリリースなど、CD HATA名義のテクノDJとしても、野外フェス、クラブイベントなど精力的に活動中
2011年にはオーストラリアのフェスティバルでも観客を沸かせ、2013年5月フランス~スペインDJツアーを行い、日本のみならず世界中のフロアを歓喜の渦に巻き込む。

「Logic Studio テクニカルマスター」執筆や、クラブミュージック情報サイト「clubberia」の音楽機材コラム「Machine-de-MUSIC」を展開するなど、エレクトロミュージックに深く精通するCD HATAならではのDJ PLAYは必見

元i-depの藤枝伸介との『Polar Chalors』インプロ打ち込みユニット『CD HATA×KOYAS』アンビエントミニアルバム「Five Phases Theory」をリリースするなど、サイケデリックシンセシストとしても、活動の幅を広げ、益々磨きをかけている。
2015年もオーストラリアツアーからスタート、今後もCD HATAの活躍に注目である!!!

facebook http://www.facebook.com/CDHATADachambo
Twitter http://twitter.com/DJHATA_Dachambo
tumblr http://hatadachambo.tumblr.com/
mixcloud http://www.mixcloud.com/CDHATA/

INFOMATION


『CHITTDEN MUSIC ALBUM -Pray for Kyushu-』
http://totemtraxx.com/chittoden/

「heaven side」1曲目にCD HATA ”Dance of the Holy Land” 収録
https://totemtraxx.bandcamp.com/album/chittoden-pray-for-kyushu-heaven-side

只今、オンラインミュージックストア「Bandcamp」にて先行発売中です。
Beatport、Apple iTunes、Wasabeat、Juno、Amazon、Qrates などの主要配信サイトでは2016年6月27日(月)よりお買い求め頂けます。




『SURFACE / yuichi FUJISAWA』

1.surface
hammered dulcimer : 藤澤由一
hentai guitar : Kai Petite(SHAMANZ)
guitar : 小沼ようすけ
violin : 山本啓(Nabowa)
dr&electro : 川上優(Nabowa)
water perc : Aki-Ra Sunrise

2.surface CD HATA electronicremix
remix : CD HATA (Dachambo)

https://itunes.apple.com/jp/album/surface-cd-hata-electronicremix/id1112384475?i=1112384487

DJ SCHEDULE


“100% Made In Japan”
すべてのフロアに屋根のある リゾート・スタイル の Music & Art Festival!近年では世界中から注目をあつめる日本の アンダーグラウンド・パーティー・カルチャー を海外に発信するべく昨年初開催された ” ZIPANG ” 今年はさらに盛大に、太平洋を一望する南房総リゾート “白浜フラワーパーク” で開催

ZIPANG 2016
www.upperkidz.club




2015年7月に、麻績村聖高原にて開催された野外イベント「Hijirhythm」
記念すべき第一回目は、KEN ISHII、EMMA等を招き反響を呼んだ。
今年も7月23日、24日に開催

2016 7/23.24 聖高原スキー場

=TECHNO FLOOR DJ's=
Present by ALL THAT/TURE PARTY

-Guest ACT-
Kaoru Inoue(SEEDS AND GROUND/Chari Chari)
CD HATA(Dachambo) &
Masaru(Kannon Sound/Plus Records/Hinowa recordings)
CMT(POW WOW)

-DJ-
Shintaro(THE BLACK DOOR)
Yu(THE BLACK DOOR)
YUKI(Gose on)
Cakra(天竺)
Junpei(ALL THAT)
Yajima(ALL THAT/MOLE HALL)
Kazuyoshi Shimamura(ALL THAT/Plus Records)

-VJ-
396(#モールナイトニッポン)

=TRANCE FLOOR Dj's=(AtoZ)
Present by MUSHROOM/天竺/ELECTRO ARMOR

A2C (ELECTRO ARMOR/天竺)
★CHALA (MUSHROOM/西遊記)
CHIHIRO (ELECTRO ARMOR/Motion)
GAKU (SILK RECORDS / EMPRESS / DoubleSpiral)
烏天狗 30&★CHALA (MUSHROOM/西遊記)
KAZUNARI (ELECTRO ARMOR/天竺/K-HOLE/Motion)
L7 (MUSHROOM/西遊記)
Masaki(LOOP / Atlantis Records / Loose Records)
MISAKI (Territory)
Moony(Natural Geo Stars/ARCH)
30 (MUSHROOM/天竺/西遊記)
N-ICE(from Niigata)
OBAKE (ELECTRO ARMOR/Motion)
TEMZ (ELECTRO ARMOR/Motion)
UME(梅民)
TKO-Japan (天竺 / Natural Geo Stars / king-size / loop)
Y✡SHI (ELECTRO ARMOR/TRIP SOUND/NEXT GATE)
宏之(THALIDOMIDE/RESISTANCE)

<Guest Vj>
TOMOKO da4(mushroom)
T2(S.F.E)

=AMBIENT FLOOR=

-DJ-
dj mizuhata
Yu1ch1(WONG KEI)
Michihal(迷いの森)
futagoya(麻績村)

=SOUND=
futagoya 瓢箪スピーカー(麻績村)

フェイスブックイベントページ
https://www.facebook.com/events/1362261023799890/


LIVE SCHEDULE


7/2(土)
SHINJUKU LOFT 40TH ANNIVERSARY RoR presents "BACK DROP SPECIAL"
@新宿LOFT(東京都)
20:00開場 / 21:00開演
ALL STANDING ¥3000(drink代別)

ロックの最前線を疾走してきた新宿LOFTの40周年記念イベント開催決定!

出演:
シアターブルック / Dachambo
MAJESTIC CIRCUS / 光風&GREEN MASSIVE
Rock on the Rock スペシャルセッション
[勝井祐二(Vln)×沼澤尚(Dr)×益子樹(Synth,G)×ナカコー(G,etc)×内田直之(Mix)]

BAR STAGE:STOCKMAN
DJ:CARIBBEAN DANDY

http://doobie-web.com/event/160702loft40th.php




7/9(土) 10(日)
『HAPPYFARM MUSIC FESTIVAL 2016』 
開場:9日 8:00頃
終了:10日 21:00頃予定

■LIVE
DACHAMBO / TURTLE ISLAND / YoLeYoLe / Kuniyuki Takahashi
and more……

http://www.happyfarmmusicfestival.com





7/16(土)
『Soltice Music Festival 2016』
開場 11:00 開演12:00 終演 20:30(予定)

■ARTIST
DACHAMBO / JUNO REACTOR / SYSTEM 7 / ZEN MECHANICS / VINI VICI / OUTSIDERS / LUCAS / KOXBOX / MIXMASTER MORIS / TA-KA / and more..

http://solstice23.com




7/17(日)
why can’t we live together
~シアターブルック 結成30周年記念イベント SEASON2~
@下北沢GARDEN
OPEN:18:30 / START 19:00
2日間通しチケット 7,500円(1D)
全自由 adv.4,000円(1D) / door. 4,500円(1D)
※入場時、別途ドリンク代600円必要
※入場時整理番号有り

■LIVE Dachambo / シアターブルック

http://gar-den.in/?m=20160717


INFOMATION
release

release

RIPPLE

CI2+

release

release

release

release

release

release

release