EVENTS
バナーバナー

Selectors presents Young Marco x Legowelt

『日蘭屈指のセレクターとハードウェアライヴの鬼才』
Dekmantelが2016年より始動したフェスとコンピレーションを連動させたシリーズ「Selectors」のリリース第2弾を監修したYoung Marcoが約1年ぶりにContactに登場。Marco自身のルーツともなった名曲たちを次世代に伝えるべく選んだ10曲を収めた「Selectors 002」に始まり、自身主宰レーベルからは再評価の波が訪れている90年代初期イタリアン・ハウスの名曲をまとめたコンピを発表するなど、彼は今まさしくセレクターとしての評価をさらに高めている。4月までのヨーロッパツアーも大盛況に終え、今回のプレイにも期待ができる。共に来日するのは90年代からロウハウス/テクノを牽引してきたオランダの鬼才Legowelt。昨年には12年間温め続けてきた別名義でDekmantelからアルバムをリリースし、この4月には最新作「Unfolding The Future With Amateur Space Jazz」を発表したばかりというこの絶好機に、日本では約3年ぶりとなるライヴセットを披露する。そして、今年Music From Memoryのコンピも監修した、日本が誇るセレクターChee Shimizuも登場。オンラインショップのOrganic Musicを通じて数多の音楽との出会いを提供してきた彼がメインフロアでオランダからの二者といかに交わるのかも注目だ。


“Netherlands' hardware manipulator and prominent selector join forces with Japan”

Since the start of Dekmantel’s “Selectors” series in 2016, Young Marco has released the second edition “Selectors 002” that features 10 tracks that are deeply rooted to his style. Releasing a compilation album in 2015 through his own label and countless gigs around the world, he is truly considered to be a “Selector”. After a year he will be returning to Contact along with the talented Low House/Techno veteran, Legowelt also known as Danny Wolfers. He has recently released his new album “Unfolding The Future With Amateur Space Jazz” marking a new chapter. Supporting the acts is Japan’s selector, Chee Shimizu, who has been running an online music shop “Organic Music”.