ARTISTS
バナーバナー

Hisashi Aochi

soO

関西を拠点に活動するDJ・プロデューサー。

ルーツとなったのは、デトロイトテクノ。卓越したゲストや熟練のローカルと出会う中で、マシーングルーヴの虜になり、2009年よりテクノやハウスを軸に関西のクラブを中心にDJ・ライブパフォーマンスを開始する。


Ben Klock, Alan Fitzpatrick, Joseph Capriatiへのサポート、Ben SimsやDave Clarkeなどの楽曲リリース、シーンきってのDJや、プロデューサーが関わった国内テクノレーベル“Torque”から2014年に楽曲を初リリース。クルーの一員としてレーベルナイトに出演、関西のテクノシーンの一端を担う。

2017年からはCLUB METROのレギュラーパーティー『seQuence.』のレジデントを務め、地元京都でポストエレクトロ世代のテクノやハウス、レフトフィールドなどのサウンドをリコメンド。2019年には同パーティーで共演した主宰者、sintaro fujitaとCLUB METROの制作も行う、CeeeSTeeとの3人でコレクティブ“soO”を結成。COVID-19により世界が苦境を強いられる中、コンピレーションアルバム『session00』をリリースし、ローンチを記念してホームスタジオからのプレイをスムースに繋いだ「まるで一晩を通したような体験ができる」バーチャルパーティーを開催。

2020年にはRichie Hawtin, 石野卓球, KEN ISHIIから支持を受けるテクノアーティスト、Hiroyuki Arakawaのレーベル“SPECTRA”のレーベルコンペティションでグランプリを受賞、同時にアーティスト契約を結ぶ。

その後、UnderworldやLaurent Garnier、Carl Craigなどテクノの歴史を語る上で外せない重要人物がこれまでに活躍してきた、Christian Smithが主宰するスウェーデンの名門レーベル“Tronic”主催の25周年記念、Drunken Kongのリミックスコンテストでトラックが採用され、海外リリースが決定する。

また、トラックメイカーやエンジニアとして映画やCMなどにも楽曲を提供しており、編集者としてダンスミュージックを専門に記事を執筆、監修も行う。

https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/software/wedj/dj-app/overview/