INTERVIEWS

Kode 9

ダブステップの震源レーベル"HYPERDUB"のレーベルショウケースが遂に日本初開催が迫った。"HYPERDUB"といえば、James Blakeと同じように一般層までその名を浸透させたBurialを擁する名門レーベル。今回のショウケースには、Burialの師でありレーベルオーナーでもある、つまりダブステップ~ポストダブステップの源流「Kode 9」をはじめ、メランコリックなメロディとスモーキーなボーカルで幽玄な世界観を魅せる「King Midas Sound」、風変わりなテクスチャアとアイディアに満ちたサウンドで粗野と洗練が同居するアーバンなサウンドを展開する天才「DVA」、かの電子音響の御大Jan Jelinekも太鼓判を押した"ホンモノの異能"「Hype Williams」4組が登場する。さらに当日は、サブウファーが追加投入され夢の重低音天国が実現する。今回、"HYPERDUB"のボス「Kode 9」にレーベルについて、自身の音楽観、レーベルショウケースの見所を聞いた。


Interview by : Yusaku Shigeyasu

 

■Hyperdub特集

http://www.clubberia.com/features/feature-89-Hyperdub/