数量限定オンライン前売りチケット ¥2800 販売中!

今や世界の頂点に立つ DJ の1人となったと言っても過言ではない程の人気を持つ DENNIS FERRER が WOMB に初登場を果たす。
DENNIS FERRER はダンスミュージックの世界がアフロハウスに傾倒し始めた頃~テックとソウルが融合し始めた時も数々の傑作を生み出しシーンを牽引し続けている。
2003年の Jerome Sydenham とのコラボレーション曲で、彼のテクノのルーツを振り返りながらもソウルの要素をふんだんに取り入れたトラック"Sandcastles" (Ibadan)は、大きなヒットを記録。2009年11月に Objektivity より発表したシングル"Hey Hey"では、Beatport でリリース直後に1位を獲得し4週間以上に渡り首位に留まった。この記録を破ったハウストラックは未だに現れていないようだ。
自身のレーベル Objektivity は、8周年を迎えた2014年、Ane Brun や Télépopmusik といったインディーヒーローをフィーチャーしたヴォーカルトラックを発表。近年ヨーロッパで起きているディープハウス・リバイバルにアメリカのヒネリを加えた、カッティングエッジな存在感を放っている。
Ferrer はまだまだ止まらない。2015年には、待望のフルアルバム”Paranoia Aftermath”をリリース予定だ。待望の WOMB 初ギグを見逃す手は無い!

For the first time, WOMB is getting ready to present DENNIS FERRER, a DJ for who it would be no exaggeration to say stands on top of the world right now.
As the dance music world first began to move towards Afro House – a fusion between techno and soul, Dennis Ferrer continued put out a string of hits and has attracted major attention from the scene.
His 2003 collaboration with Jerome Sydenham, "Sandcastles" (Ibadan), traced back to Ferrer’s Techno roots, incorporating strong elements of soul and scoring a huge hit.
“Hey Hey,” a single released in November ’09 on his “Objektivity” label, went straight to number one on Beatport, where it remained on the top spot for four consecutive weeks, a record yet to be broken by any house track since.
In 2014, Objektivity celebrated its 8th year, presenting feature vocal tracks track from indie heroes Ane Brun and Télépopmusik, and in recent years Ferrer has continued to maintain a cutting-edge presence by adding an American twist to the European Deep House Revival movement.
He’s not stopping there – 2015 marks the scheduled release of his eagerly anticipated full album “Paranoia Aftermath”, and his first appearance at WOMB is an opportunity you cannot afford to miss!