ARTISTS

Akiko Kiyama

op.disc, Safari Electronique, Contexterrior

ベルリン・東京の2都市を活動の拠点としている気鋭のアーティスト。大胆さと繊細な技巧が同居する複層的なグルーヴのトラックは、現在のテクノ・シーンにありがちな安易で直線的なものとは異なり、強い存在感を放っている。2004年、PortableとLIVEでの共演をきっかけにリリースのオファーを受け、Sud Electronic (London)のコンピレーション12インチ『New Days』にトラック提供。同レーベルからは続いてソロEP『Dimention』を発表後、Richie Hawtin、Ricardo Villalobos、John Tejadaをはじめシーンを代表するDJ達に高い評価を受け、ミニマルで液体的とも言える彼女独自のグルーヴは瞬く間にヨーロッパ~北米、そして日本に至るまでセンセーショナルな興奮をもたらした。さらに2005年にはJay Haze主宰のContexterriorから作品リリースのオファーを受け、Richie HawtinのMix CD/DVD 『DE9 | Transitions』にも『Like Ancient』をライセンスするなど目覚ましい活躍を見せた。以降、<Safari Electronique>、<Thema>、<Lick My Deck>といった様々なレーベルから精力的なリリースを続け、2008年5月、1stアルバム『7 years』をDistrict of Corruptionよりリリース。Fabric(London)、Panorama Bar(Berlin)、Arma17(Moscow)、D-Edge(Sao Paulo)など世界各国の代表的クラブでプレイを続け、昨年待望の2作目となるアルバム『Doublethink』を<op.disc>よりリリース。また2012年も<Nervmusic>、<31337Records>、<Catenaccio>からのリリースがすでに予定されており、その独特の世界観が着実なものとしてシーンに受け入れられていると言える。

 

 

Guided by a love of beats and bass, Akiko Kiyama has hot-footed it from Tokyo to Berlin via London, sharpening her shuffling minimal techno style along the way. Her twisting, turning, sinister tracks are packed with tiny details and are made to surprise on every listen. Having studied classical music, Akiko first fell for drum 'n' bass and started making her own laptop tracks. In just a few years she was bitten by the techno bug (it’s similar to a bed bug, but looks like a tiny insect robot) and has released on Sud Electronic, Revolver, Thema and District of Corruption and had a track included on Richie Hawtin's 'DE9 Transitions'. Once bitten, twice shy? Not so for this fearless laptop performer.