REPORTS
バナーバナー

Psy-Fi Warming up Tokyo

 今年で開催5年目を迎え、2016年には約2万人の動員を記録したオランダ・アムステルダム郊外の人気野外フェスティバル「Psy-Fi」。その人気フェスのオフィシャルパーティーが、3月25日に代官山Unitで開催された。

 国内の老舗トランスレーベルMatsuri Digitalが主催し、「Psy-Fi Warming Up Tokyo」と銘打って開催された本パーティー。当日は、Unit/Unice/Saloonの3フロアを使用。メインフロアのUnitではThe DeltaやEtnicaといった世界屈指のトランスアーティストが登場し、一時は出入りが難しくなるほどのオーディエンスで飽和していた。Uniceは、Guusunと下北沢からブランド発信している神眼芸術が中心となりオルタナティブな音楽が聴ける特別空間を演出。SALOONでは、本国の「Psy-Fi」と同様に、ダークやフォレスト〜サイケデリックトランスまで多様なトランスにフォーカスしたフロアとして終日盛り上がりをみせていた。

 なお、6月10日には、新興サイケデリックテクノレーベルLiquid Drop Grooveのアニバーサリーパーティーが同会場で開催されるのでこちらも要チェック。

■Liquid Drop Groove - ANNIVERSARIO 2017 -
http://www.clubberia.com/ja/events/267351-Liquid-Drop-Groove-ANNIVERSARIO- 2017/