2017/03/03

Reloop初のSerato DJ対応DJミキサーが登場

Text: Yoshiki Yamazaki

 ドイツのDJ機器ブランドReloopが、ブランド初となるSerato DVSインターフェイス内蔵の4チャンネルDJミキサー「RMX-90 DVS」を発売する。


 8イン8アウトのSerato DJ用オーディオインターフェイスを内蔵した本機では、USBケーブルで接続するだけで、DJソフトウェアSerato DJのDVS(Digital Vinyl Systemの略称)コントロールを含むプレイが可能。USBポートは、SeratoDJとの接続だけでなく、MIDIアサイン可能なソフトウェアを使用することで、MIDIコントローラとしても使える。


 3バンドのEQは、クラシックモードとアイソレーターモードを切り替えることができ、各チャンネルごとにフィルターを搭載。各チャンネルに割当て可能な12種類のFXも備わっており、BPMと同期させることも可能だ。RMX-90 DVSは、オープン価格(125,000円 前後)にて3月13日(月)に発売。


■製品詳細ページ
https://dirigent.jp/product/reloop/rmx-90-dvs/


【技術仕様】
入力:PHONO x 2、LINE x 7、Mic(フォンジャック) x 1、Mic(コンボジャック) x 1
出力:XLR x 1、Jack x 1、RCA x 2、ヘッドフォンジャック x 2(3.5/6.3 mm jacks)
周波数特性:20Hz – 20kHz
EQ特性:+12/-8dB
EQ特性(アイソレーター):+12/-26dB 70 Hz, 1 kHz, 13 kHz: -∞ dB(total kill)/+9 dB
寸法:322 x 107.5 x 387mm(W x H x D)
重量:7kg

pagetop