NEWS
バナーバナー

真のトランスフェスを体験したいなら、“ソルス”の愛称で親しまれる「SMF 2016」に行くべし

 1999年に群馬県・宝台樹キャンプ場で初開催されたトランスフェスティバル「Solstice Music Festival(ソスルティスミュージックフェスティバル)」。“ソルス”の愛称で親しまれた本フェスティバルは規模を年々拡大し、2002年の山梨県・本栖ハイランドでの開催時には12,000人を動員。以降も岐阜・めいほう高原明宝スキー場(2005年、2008年)、新潟県・妙高杉ノ原スキー場(2007年)と開催を続けていた。2008年には10周年をむかえ、それを機に開催を休止。日本のトランスシーンを牽引してきたソルスは表舞台から姿を消した。

 そして2015年、ひとつのニュースがクラブミュージックシーンを騒がせた。「ソルスが野外で復活」。会場は静岡県・自転車の国 サイクルスポーツセンター。ソルスの再始動を多くのトランスファンが待っていた。7月16日から17日にかけて行われ、6500人の来場者がソルス復活を楽しんだ。

 昨年の開催からちょうど1年。今週土曜日、7月16日に千葉県・幕張海浜公園特設会場で
Solstice Music Festivalから頭文字をとった「SMF 2016」が開催される。2年連続での開催。これだけでもトランスファンにとっては嬉しいニュースだが、これまで山で開催してきたソルスが、初めて海で開催するという試みも興味深い。
23
JUN

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL