NEWS
バナーバナー

ロンドンのハウス・シーンを代表する新鋭アーティスト、Henry Wuの来日が決定


 ロンドンの現ハウス・シーンにおいて、エキサイティングな作品を多くリリースしているビートメイカー/アーティストのHenry Wu。昨年、Floating Pointsが主宰するEglo Records傘下のレーベル、Ho Tepからからリリースされた『Negotiate』が話題になり、その後、Rhythm Section InternationalよりリリースされたEP『Good Morning Peckham』では、ファンクネスかつディープなブラックテイスト満載のハウス・ミュージックを披露。彼独自のリズムグルーヴに重なるピアノやボイスサンプルも絶妙で、多くのDJはもちろんレコードショップからもパワープッシュされるなど高い評価を得た。さらに、Floating Points主宰のレーベル、Eglo RecordsからK15とともにEP『Wu15』(2015年)もリリースするなど、今まさに勢いに乗っているアーティストのひとりと言える。そんな彼が3月26日(土)に青山蜂(東京都渋谷区)で行われるイベント「Elements feat. Henry Wu」で来日する。
 
 アジアツアーの一環として出演する本イベントは、東京を拠点に活躍するRyota O.P.Pがオーガナイズを務め、COMPUMAやトリオバンドのLOVE ME TENDER CAT BOYSらも出演。ロンドンの旬なサウンドを体現するHenry Wuのパフォーマンスはもちろん、計3フロアで個性的なアーティストたちがプレイするなど、見どころの多い特別な夜になるだろう。

■Henry Wu - SoundCloudページ
https://soundcloud.com/wuesli

26
JUN

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL