INTERVIEWS
バナーバナー

Petar Dundov

イビサ屈指の人気パーティー「Circoloco」のレジデンシーを獲得するなど、その類まれな才能をもとに活動の場を広げているクロアチア出身のテクノアーティストPetar Dundov。日本でも人気野外フェス「The Labyrinth」へ何度も出演を果たし、日本でも高い人気を誇っている。その彼が、千葉・鋸山採石場跡地で5月12日から14日の3日間にかけて開催される野外フェスティバル「Re:birth 2017」に登場。来日を控える彼に、「The Labyrinth」で共演を果たしてきた同フェスのレジデントDJ Soがインタビュー。生い立ちや音楽制作、日本での思い出などについて語ってもらった。

取材・翻訳 : So(The Labyrinth)
見出し文: HRK

 

 


ーーまずは、生まれ育った街がどんな場所だったか、好きなところや嫌いなところ。東京と違うところなどあれば教えてもらえますか?
(which city did you grow up in and how was it growing up there? what did you like or dislike about it? and what are the biggest differences between that city and tokyo?)


クロアチアの首都ザグレブで生まれ育ったよ。人口はだいたい80 万人ぐらい。山河に囲まれた平和ですてきな街。湖や公園が多い南の方に住んでたよ。ザグレブの良いところは、中心地には歴史的なエリアや美術館、カフェ、バーなどが集まっていて、そこからどこに行くにもだいたい1時間足らずで行けるんだ。強いて言えば、なんでもだいたい事が足りてしまうから、対外的なことや新しいことにそこまで目を向けなくても済んでしまったことぐらいかな。特に20世紀の終わりで民主主義になってからは、どこの小さな都市でも同じことかもしれないけどね。東京とは何もかもが違いすぎるかな。東京は大都市だからね。
(I grew up in Zagreb, capital city of Croatia with around 800.000 souls living there. It is nice and peaceful city between river and the mountain. I am living on the south side of the city with many parks and lakes, lots of places to play, it was great growing up here. What I really like about the city is that everything is close by, you can reach any part in less than hour, city center is very nice with lots of historic places, museums, cafe bars etc. When I got in a certain age only thing that I missed was the openness to new things, but that is characteristic to all small cities, specially after switching to democratic society by the end of last century. If you try to compare it to Tokyo it would be very hard since Tokyo is such a colossal place, a real multi cultural megapolis.)

 

 


ーーいつ、どういうきっかけで音楽を作り始めたのですか? また影響を受けたものなどがあれば教えてください。
(when did you start making music? why? and who or what was your biggest influence?)


10歳の時だったかな。両親から何か楽器を習うことをすすめられて、ギターのプライベートレッスンを始めた んだ。5年間もね。ギターはかなり得意だったよ(笑)。そこから10代後半になり、コンピューターで音楽を作ることに興味が芽生え始めたんだ。当時持っていたAmigaシリーズのコンピューターで制作を始めた。なんて言うか、サンプラーとシーケンサーが付いてて、結構いろんなことができる環境だったよ。その後ローランドのシンセサイザーを入手してから状況が飛躍的に変わって、より一層電子音楽に没頭したかな。当時はVangelis、Kraftwerk、Jean Michelle Jarreあたりに大きな影響を受けてたね。
(When I was 10 years old my parents suggested me to try to learn an instrument so I took private guitar lessons for five years. I was very good at it and as I reached teenage years I become very interested in computer music. I started composing on my Amiga computer, it was a kind of sampler-sequencer with lots of possibilities. Eventually I got my first Roland synthesizer and then things really took off. I really liked electronic sound from Vangelis, Kraftwerk and Jean Michelle Jarre, they were my big influences in early years.)

 

 


ーー音楽制作ではオリジナリティが大事だと思いますが、その観点で一番大事にしてることや、そのために努力していることはありますか?
(what do you consider the most original points of your music production? and what inspired it? also, is there anything else you usually do that make your productions stand out?)


まず第一に、自分が一番大事にしてることは、メロディーを使うことへの考え方。制作時は、事前に用意したメロディーのリピートよりも、リアルタイムにキーボードを演奏しながら作るようにしてる。 それと、ひとつのシーケンスにメロディーと和音を組み込みつつ途中でダイナミックにトーンを変えたりすることで、メロディの印象がある時にガラっと変わるような仕掛けを意図的に入れたりもしてるよ。この辺のルーツはギターを習っていたところからきてるんじゃないかなと確信してる。あとは、メロディーの力強さや余白のバランスを最適化するためにもミキシングには気を遣って時間をかけてるかな。
(One of signature thing in my production is how I approach melody. I tend to create them with live keyboard playing throughout the complete piece rather than repeating pre-recorded phrases in a succession. Also I combine melodic and harmonic patterns together in one sequence so miniature changes in tones can drastically alter the whole feeling of the melody. My main inspiration for this comes from the way how you play a guitar. To make is stand out I spend a lot of time by the mixing desk getting the dynamics and space just right.)

 

 

 


ーー5月12日から3日間開催される「Re:birth 2017」は、これまで日本でプレイしてきた「Labyrinth」や、「Circo Loco」、「WIRE」といったパーティーとは違って、テクノ以外にもサイケデリックトランスをフィーチャーしていますが、過去にそういったシーンのフェスへの出演経験はあるのでしょうか?
(next month you will be coming back to japan for re:birth festival (may 12~14). you've come to japan many times in the past for techno events like labyrinth (where we played together), circo loco, wire, etc, but unlike those festivals, re:birth has 2 main stages and focuses on both techno and psytrance. have you had much exposure to psytrance in the past? and what do you think of it?)


90年代ぐらいのトランスはよく聴いてたし、サイケデリックトランスのフェスティバルにもよく遊びに行ってたよ。ヨーロッパではシーンも大きいし、長年続いてるのも事実。自分も制作を始めた頃、じつはトランス系の曲を数曲作成したことがあって、キャリアを考えてもあの時代があっての今だと思ってる。だから、そこまで特異な気もしてないし、楽しみだよ。
(I really loved the trance from the 90ties. We used to go out on psytrance festivals, there is quite a big scene here. There is something unique in that sound that beats the test of time. At the beginning of my career I produced couple of trance records, it helped me grow as an musician and surely without it I wouldn't be able to fully develop my sound.)

 

 


ーー過去に何度も来日していますが、その中でも忘れられない経験などありますか? また、日本のシーンやお客さんに対する印象などを教えてください。
(lastly, in all your trips to japan you must have had many great experiences. are there any extra-special memories that you would like to share with us? also, what do you think about the japanese crowd/music scene in general?)


ひとつ鮮明に覚えてるのは、確か都内の湾岸のどこかのイベントだったんだけど、お客さんがたくさんステージに上がってしまい、そこで踊っててすごいことになってた。セキュリティに「頼むから彼らをフロアにおろしてくれ」と言ったら、「そう? ただの地震じゃない?」の一言で済ませやがったんだ(笑)。もう仕方がないから「これは地球が自分の音楽で踊ってるんだな」と言い聞かせるしかなかったかな(笑)。日本のシーンはアーティストもお客さんも含めすばらしいと思う。またこうして戻ってプレイできることが楽しみだよ。
(I remember one time we were at the party in Tokyo bay and there were a lot of people dancing on a stage that at certain moment it started to move back and forth. I asked a security guy that maybe there is too many people on, but he just shrugged his shoulders and told me that it is an earthquake.
It really felt like the earth is dancing on the music. It was really unique experience, seemed like I was the only guy noticing ?I think you have a good thing going on there, really good scene, outstanding artists and crowd is just amazing. It will be a real pleasure to come back and play.)

 

 


- Event Information -
タイトル:Re:birth 2017
開催日:5月12日(金)〜14日(日)
会場:鋸山採石場跡地(千葉県安房郡鋸南町元名1350)
時間:16:00〜
料金 : 前売チケット 14,000円, テントサイト券 2,000円, 会場内パーキング券 4,000円, オートキャンプ券 6,000円, スペシャルチケット 60,000円(※エントランスチケット(4名)+会場内パーキングチケット(1台)+テントサイトチケット(1張))
出演者:GAUDI/PETAR DUNDOV/SYSTEM 7 -//- ALEX TOLSTEY/BODHI/CONFORCE/DEVELOPER/GROUCH/INVITE/dj JOSKO/LOOPUS IN FABULA/MINILOGUE (aka Nobody Home)/MIRROR SYSTEM/PSYCHOPOD/SON KITE (by Marcus Henrikkson)/SIMIANTICS/SPANIOL -//- A.MOCHI/ALTZ/ARTMAN/チャッカーズ/CONOLEY OSPOVAT/DACHAMBO/FULLMOON MONDO/FUNKY GONG/HENTAI CAMERA MAN/HIROSHI WATANABE/JANGARAMONGARA/KUNIYUKI/MASA/dj MIKU/NEUTRAL MOTION/REE.K/SHHHHH/SHAMANZ/SO/TADAYAN/TAKAAKI ITOH/THEUS/WATA IGARASHI/dj YAZI -//- 7E/AK-2/ATS/AZYENCE (Sun69 vs Azuma)/BAHSTID/BASSHEAD/BOB ROGUE/BUZZ/C_OLVRIN/CHOKO/DAIJIRO/DANI SAVANT/DEIM/DOPERS/DUBO/ENUOH/GA-SU/dj GR◯UND土/HIDAI/JIKOOHA/JETLOGICO/KALAKMUL/KATSU/MAMAZU/MASAYA/MATSUSAKA DAISUKE/MOTHERSHIP/NGT./NIREI/RINANEKO/RYO OOOD/RYU-GUU/SEI/山頂瞑想茶屋/SHIMANO/SPLIFFNIK/SUNGA/TEL QUEL/TERUBI/TEZ/TOM O'RION/TOMO HACHIGA/TUATARA/UKIASHI/ULU/UNAGI/dj WADA/YO.AN/YU-TA/YUMII/YUTA/YUYA/ZEN

■イベントページ
12日(金)
http://www.clubberia.com/ja/events/265697-Re-birth-2017/
13日(土)
http://www.clubberia.com/ja/events/266358-Re-birth-2017/
14日(日)
http://www.clubberia.com/ja/events/266359-Re-birth-2017/