2017-03-16 UP

Varhat

 25歳という若さで、パリのディストリビューション/レコードショップyoyakuのオーナーを務め、複数のレーベルのA&Rを務め、さらには自身でアーティスト活動も行う。しかも、欧州のミニマル/ディープハウスシーンの新星として世界的注目を集めている。彼の名前はVarhat。4月に初来日公演を東京・CIRCUS Tokyo(7日)と大阪・ CIRCUS(8日)で行うが、まだまだ謎多き彼の魅力を探るため本人に取材を行った。今回は、英文も掲載。

Interview: Len Tajima (#FLUX)
Text:#FLUX/COSS

 
——まずは自己紹介をお願いします。(Please introduce yourself to our readers in Japan.)

フランスを拠点にDJとプロデューサーをしているVincent(Varhat)です。パリで始めたレコードショップ/ディストリビューションyoyakuのオーナーで、AKUやYoY、YYY series、HostomなどのレーベルのA&Rもしているよ。

My name is Vincent, I am a DJ and producer based in France. I co-own yoyaku, and launched a record shop in Paris. I am also in charge of the artistic direction(A&R) of several record labels(AKU, YoY, YYY series, Hostom...).


——あなたの音楽的なバックグラウンドを教えてください。また、影響を受けたアーティストがいれば教えてください。(What is your background in music? What was your inspiration in pursuing music? Are there any “music figure” who inspired you?)

16歳まではトラックメイキングに興味があって、20歳のころに本格的にトラックメイカーとして生きる決意をしたんだ。僕にはそれしかできなかったからね。個々のアーティストから、というよりはすべてのエレクトロニックミュージックが僕のアイデアソースになっているよ。

I have been interested in music-making since I was sixteen, and decided at 20 to pursue it professionally as it was the only thing I was really able to do.All sorts of electronic music and artists have been sources of inspiration.


 

 
——yoyakuはレーベル名やリリース作品のアートワークなどから日本のエッセンスを感じます。どのような日本のカルチャーに影響を受けましたか。(Yoyaku has a lot of references to Japan. One can guess it from the name "yoyaku" itself, and some of yoyaku’s artworks and titles. What part of Japanese culture inspires you?)

日本のミニマルな美的感覚にとても影響を受けたね。日本語の文字の美しさも好きだし、それを海外で取り入れることは、とてもミステリアスな意味合いをもつよ。日本以外の国ではだけどね。

Indeed, we have been truly inspired by the minimalist aesthetic of the Japanese culture and its spirit as a whole. For instance, we love the beauty of Japanese writing. Besides, it is also funny for us to pick names that have mysterious meanings for our public(outside of Japan that is to say)


——yoyakuがヴァイナルオンリーのリリースにこだわる理由は何ですか?(Can you tell us what motivated yoyaku to release music only through vinyl?)

エレクトロニックミュージックを作るアーティストへの一番のトリビュートは、彼らのヴァイナルをもち、それがプレイされたり、他人に聴かれたりすることだと僕は思うんだ。だからヴァイナルをリリースするようにしているんだ。

In my opinion the best tribute for an artist making electronic music is to have his work on vinyl, and to be listened or played by other ones via this material.

 
——私はあなたのプロダクトにとても折衷主義を感じます。あなたがこの多様性を得た背景に、レコードを掘り起こしている姿を想像するんです。仮に、あなたのプロダクションを“抽出”と“構築”に分けるとしたら、どのように説明しますか?(I find your productions very eclectic. I guess you acquired this diversity from digging records. If we break it down into two parts; extraction and construction, how would you explain your development?)

今ここで折衷主義について説明することはできないよ。科学的な根拠があるものではないからね。みんないろいろな音楽を聴いていると、十人十色の想像が膨らんで無意識のうちに影響を受けると思うし、このプロセスは生涯にわたって続いていくと思うんだ。一方で、スキルと経験によって意識的にクリエイトしていく側面もあると思う。つまり“抽出”はリスナーの感性が導き出すはずなんだ。

I can't explain eclecticism through this prism. There's no scientific formula for it.When you listen to multiple styles of music, you feed your imagination. Depending on your sensitivity, you might unconsciously assimilate all these influences. It is a life-long process! On the other hand, you will create and work consciously, driven by your technical skillset and knowledge of possible combinations.All in all, what you chose to "extract" is guided by your imagination.


——あなたの楽曲作品は、ヒプノティックなシンセサウンドが生み出すグルーヴが特徴的ですよね。楽曲制作における想像力はどこからきているのでしょうか?
(I believe you have a spot-on taste in music groove, especially in hypnotic synth sound. Can you tell us what is your usual production environment, and how your imagination works to create music?)


田舎にある自分のスタジオで制作を行っているよ。自然のなかで作業できる環境が好きなんだ。僕は“異なるカルチャーや人々の融合”といったイメージを常にもっているから、新しいカルチャーや、異なる人生のビジョンを見つけることが好きなんだよ。

I make music in my own studio in the countryside. I like this relationship with nature.I find my inspiration in the fusion of different cultures and people. It's also why I like discovering new cultures and different visions of life.

 
——DJプレイ中であなたがもっとも高揚した瞬間を教えてください。(What was your best memory while DJ-ing?)

ダンスフロアにいるクラウドが、まるで渦に巻かれたように音楽に“ハマる”瞬間を感じたときかな。

The best moment is when I feel the crowd connecting to the music, as if they were entering a spiral.


——現在のフランスのダンスミュージックシーンについてどう感じていますか。(How do you feel about the Dance music scene in France nowadays?)

フランスには素晴らしい才能をもったプロデューサーは多くいるけれど、僕はまだ“フレンチタッチ”を定義付けできるとは思っていないんだ。でも絶対に国とアーティストが結びついてできる“ヨーロピアンスタイル”はあると思う。

I think there are a lot of talented producers in France. I don't think that we can still define a “French Touch”, but there is definitely a European style due to the interaction between countries and artists.


——パリでは幅広いカルチャーが関わってますよね。音楽以外のカルチャーで興味があることはありますか。(Paris is renowned for its wide cultural offering. Do you have any interests other than music?)

デジタルテクノロジーと普遍性の革新は本当に興味深いよ。あとは天文学、食、スポーツ、哲学にも興味があるね。

I am passionate about digital technologies and innovation in general, but also astronomy, food, sports and philosophy.

 

 
——あなたの今後のプロジェクトを教えてください。(Can you tell us about your upcoming projects?)

すばらしい才能をもったアーティストを発掘して、yoyakuレーベルでのリリースを通してサポートしたいと思ってる。今は、2017年後半にリリース予定のアルバム制作に取り掛かっているよ。

Since our various launches, we have discovered super talented artists that we want to assist and develop through releases on our labels. I am also working on my album that will be released later this year.


——意欲的な若いアーティストが、あなたのように複数の肩書きをもって活躍できるように何かアドバイスをいただけますか?(What's your advice to multitalented young aspiring artists?)

もしそのことに夢中で取り組もうと思うのなら、それで食べていけるようになるまでどのような境遇であろうと夢中になって続けるべきだよ。

If they are convinced they are made for this, they should take the plunge and work as hard as possible to make it their full time occupation.


——日本のファンにメッセージをお願いします。また、初来日にあたってのプランを教えてください。(What's your message to your fans in Japan? What are your plans for your upcoming visit in our country?)

日本のみなさんに会えることを楽しみにしてるよ。一緒に素敵な時間を過ごそうね! 日本には、レーベルパートナーのBenjaminと1週間ほど滞在するんだけど、できるだけ多くの場所に足を運んで、美味しい日本食を食べて、さらに深い日本のカルチャーを見つけたいね。日本のリアルなストリートスタイルには本当に興味があるんだ。それと、今企画しているジャパニーズエレクトロニックミュージックのシーンに関するドキュメンタリーのために、現地の人に会う予定だよ。

I am looking forward to meeting Japanese people. And spend a good moment together! I will stay a week in Japan, with my bro Benjamin (the other part of yoyaku). We are planning to visit as many places as we can, eat great food, and discover more of your culture. I am also super curious about Japanese streetstyle.We are also going to meet people here for an upcoming documentary about the Japanese electronic music scene.
 

- Event Information -
タイトル:#FLUX meets yoyaku with Varhat
開催日:4月7日(金)
会場:CIRCUS Tokyo(東京都渋谷区渋谷3-26-16)
時間:23:00
料金 : DOOR 3,000円  U-23 2,500円
出演者:Varhat(yoyaku, Paris/FR), Yasu(ARTEMIS / Fasten Musique Concrete), Len Tajima b2b Karuta(#FLUX), Sin(GOLDENHOUR RECORDS), UMEZO(KAMOME SOUND SYSTEM), tropi(SUNSET DRIVER)

■イベントページ
http://www.clubberia.com/ja/events/264884-FLUX-meets-yoyaku-with-Varhat/

タイトル:COSS feat. Varhat
開催日:4月8日(土)
会場:CIRCUS(大阪府大阪市中央区西心斎橋1-8-16 中西ビル2F)
時間:22時
料金 : DOOR 2,500円+1D  ADV 2,000円+1D
出演者:Varhat(yoyaku, Paris/FR), Satoshi Otsuki(Vis Rev Set /Tresvibes Soundsystem), MiTSUYAS, Koichi

■イベントページ
http://www.clubberia.com/ja/events/265593-COSS-feat-Varhat/

■ Artists

Varhat
  • Interview

More >

pagetop