INTERVIEWS
バナーバナー

Luke Fair

近年拡大するカナダのクラブミュージックシーンにおいて最前線にいるアーティストがLUKE FAIRだ。雑誌「DJ Mag Top 100」の中で、DANNY HOWELLSやDEEP DISHといった大物DJ・プロデューサーに「未来のスター」と賞賛されたほどの実力を持つ。彼はほぼ毎週、世界の有数クラブやパーティなどに招聘され、ファンキーでテッキー、そしてエレクトロなハウスサウンドを多くのクラバーへ与え続けている。彼の「サウンド」はグルーヴィーなテクノトラック〜プログレッシヴやエレクトロをクロスオーヴァーするものだ。さまざまなトラックを自己流にエディットし自身の色に変える。その音への欲求は彼の音楽世界観へのこだわりが感じられる。Pacha(Buenos Aires)、Bedrock (London),、Red Light (Paris)、Space(Miami) 、Womb (Tokyo)のような世界有数クラブでメインアクトとしてプレイし、彼は彼自身のサウンドの魅力を世界中に広めた。ここ2,3年の間のオリジナルトラックはきわめて多様で,色々なジャンルを混ぜ合わせたサウンドになっている。ハウスからメロディックなプログレッシブサウンドまで幅広いトラックを生み出し、Sasha、David Morales , The Plump DJsといったあらゆるDJたちによってプレイされている。英国のラジオBBC Radio 1においてラジオDJであるPete Tongは'EssentialSelection' shownonakade'にてLUKE FAIRの作品を幾度となくフューチャーしているまさにこれから"NEXT"を象徴する旬なアーティストだ。 プログレッシヴハウス界の重鎮、ジョン・ディグウィードが運営するレーベル<ベッドロック>より“オリジナルシリーズ”ミックス CD のリリースが決定したルーク・フェアー。ディスコ、エレクトロを進化させたサウンドで<ウィンター・ミュージック・カンファレンス 2005 >でも大注目だった彼の来日直前インタビュー!