Timur Basha

TECHNO
MINIMAL
HOUSE
Timur Basha

10代からジャズミュージシャンである父の影響を受けつつも、ヒップホップやトリップホップ、エレクトロニカとさまざまなジャンルに傾倒。16歳で大学に通うためウクライナの小さな町コノトプから首都キエフに移住。大学生活と並行してレコード店で働き、のちにエレクトロニックミュージックやクラブに特化したジャーナリストとして仕事をするようになる。5年間ジャーナリストとしてキャリアを築いた後DJ / オーガナイザーとして活動を始め、キエフのクラブシーンを大きく変えることとなるクラブCloserを創設する。2016年夏にはZipの招待でRicardo Villalobos、Zip、Ata、Prasleshらが出演するパーティー「New Kids On Acid」に、CloserレジデントのVova Klkと共に出演するなど活動の幅を大きく広げている。常に世界中から最新の音楽を取り入れているためTimurのスタイルを説明することは難しい。彼にとって音楽は常に抽象的であり、彼のセットはジャンルにも年代にも捉われない。デトロイトテクノやミニマル、ブレイクビーツ、アシッドハウスなどさまざまなジャンルをスムーズに行き来しつつも、グルーブとトリップ感は全く失われない美しいミックスを生み出している。

More >

pagetop