アムステルダムのアンダーグラウンド・シーンから尊敬されるアーティストの一人である。15年以上にわたってDJやライヴで主要なクラブやフェスティバルから、小さなバーや怪しげでアンダーグラウンドな現場でもプレイしてきた。ハウスやディスコなどのセットで知られるが、アシッドやアフロなサウンドもユニークにミックスする能力にも長けている。2009年以来ソロライブも行っており、ハードとデジタルギアに楽器やヴォーカルを乗せたパフォーマンスを行っている。

地元アムステルダムにおいてレーベル”Rush Hour”や、フェスティバル「Dekmantel」、クラブ「Trouw」などのローカル・シーンをサポートしながら、アンダーグラウンド・シーンの育成に貢献してきたレーベルや組織との繋がりも深い。2007年には”Rush Hour”から「Proper A’dam Family Series」と題して5枚のEPをリリースし、O-Boogie と共にリリースした「Part 4」は Laurent Garnier からの支持を受け、代表曲「Magnificent Speech Funk」は実際に本人にエディットされた。その後、”Perlon”から大躍進の一因となる「Keep It Raw」をリリース。Ricardo Villalobos の「Electronic Water」のリミックスを手掛けてから更なる高い評価を受け、その後も”Perlon”から数作品リリースを重ねた。現在は同郷の Tom Trago、Awanto3、Melon ら友人と積極的なコラボレーションを続け、アムステルダムのハウス・シーンを盛り上げている。

彼の情熱はライヴセットだけではなく、その場で歌を乗せるDJセットからも感じ取ることができるはずだ。そんな彼は現在世界中の主要イベントから呼ばれ、東京、大阪、モントリオール、上海、サンディエゴ、デトロイト、ロンドン、コペンハーゲン、ソフィア、チューリッヒ、ベルリン、パリなど、数えきれない都市をツアーしてまわっている。

More >

More >

pagetop