ARTISTS
https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/software/interface-2/audio-interface/overview/https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/software/interface-2/audio-interface/overview/

DO SHOCK BOOZE a.k.a. YOICHI HAYASHI

Yoichi Hayashi / TOTEM TRAXX

DJ/コンポーザー/ミュージシャン、"YOICHI HAYASHI"の変名音楽プロジェクト『ドウショクブツ』。少年時代は移動スーパーと貸しレコード店というユニークな環境で様々な音楽と出会う。90年代後半からロック~インダストリアル・バンドでボーカル、ギタリスト経験を積み音楽感性を磨いていった。レイヴ・カルチャーの洗礼を受けてからは更に制作活動に没頭。サイキックな土臭さが漂うテクノ・ハウスを独自にブレンドさせたその楽曲はドイツの名門レーベルTraum SchallplattenやResopal Schallware、スペインのBeatfreak Recordings、ロンドンのBaroque Records、ベルギーのBonzai、オランダのAenaria Tribal、オーストラリアのHypnotic Room、国内ではPlus RecordsやBass Works Recordingsなどのレーベルにライセンスされている。2013年には自身のレーベル、TOTEM TRAXXから発表した12インチレコードがヒットを記録、ドイツの音楽雑誌 De:Bugなどから多くの評価を集めた。その後、リリースされた作品はBeatportのプログレッシヴハウス、テクノ、レゲエ/ダブといったチャートのTOP100にもコンスタントにランクイン。自らがそれらアーティストの音楽、アートワーク、ヴィジュアルなどその全てのクリエィティヴを監修し、レーベルのブランディングを構築し続けている。Guest Dj Mixとしては、主要レーベル公式のポッドキャストの他、Proton RadioやFrisky Radio、Insomnia.fm、Framed.fm、Kollektiv K(Fukushima Pref.)、親交が深いOscar L主宰のDMiXなど多数の人気ラジオ局からONAIR。これまでにヨーロッパや東南アジアでの海外遠征も経験する。2016年、自らのボーカルや生楽器、エレクトロニックミュージックをフィーチャーしたオリジナルアルバム『MODERNIAN』を発表。テッキーなグルーヴにフューチャリスティックなトライバルラインとサイケデリックなハーモニーが加わるというDO SHOCK BOOZEならではのスタイルが完成しつつある。2017年にはベルリンの老舗レーベル、Resopal Schallwareから12インチEPカットのリリース、JUZU a.k.a. MOOCHYが主宰するレコードレーベル、Crosspointへのリミックス提供、4ヵ所を回るヨーロッパツアーを控えている。その成功に向け、国内でのGIGと楽曲制作の精度を磨く日々に全力を注いでいる。

DO SHOCK BOOZE is the conceptual background to Ethereal-Techno / Neotribalism / Post-Psychedelic Life....: a global project by Yoichi Hayashi.:

https://goo.gl/Pw3Hyv