ARTISTS
バナーバナー

Giles Smith

secretsundaze

Giles Smith, 今やロンドンで最も輝かしい名前の一つとなった彼のキャリアは15歳より熱心にレコードを集めていた青年が、2000年にロンドンに移った時に幕を開ける。ロンドンに移って程なくして彼は英ハウスの名門レーベルJuniorBoys OwnのイベントFaithでのDJの座を射止めることとなる。そこで彼はX-Press2、Terry Farley といった国内のスターやDoc Martin、Kerri Chandlerといったインターナショナルなゲストとも共演を経験。英ハウスシーンの中核からそのキャリアをスタートさせる。

2001年にはUKやイビサの快楽的でカッティングエッジなシーンからの影響を存分に反映させたパーティ"secretsundaze"をスタート。独自の審美眼により選ばれたゲストDJ (Ricardo Villalobos、Carl Craig、Steve Bug、Mike Shannon、Luciano、Ame、Losoul Ivan Smagghe、Jay Haze)と、ウワサを聞きつけてヨーロッパ中から集まるパーティ・ピープルにより瞬く間にロンドンでもっとも人気のパーティへと昇りつめる。
これら夏の日曜日の午後に開催されていた快楽的で華やかな色彩を帯びたパーティはメディアにも注目され始め、2005年には雑誌Time Outの"The Time OutLive Awards 2005"にて、"Best Club Night"を、2006年にはMixmagの"Club ofThe Year"に選出される。また常に新しい才能をいち早くシーンに紹介するその先見性でも一目置かれるイベントへと成長し、イビサや、バルセロナのSonarFestival、オーストリアで開催されているSnowbombingなどでのサテライト・パーティでもその真価を発揮、ヨーロッパを代表するパーティの一つとして確固たる地位を築くにいたる。

2003年にはGiles本人もTime Outで"Best New DJ"に輝き、イギリス国内はもとより、ベルリンのPanorama Bar、Weekend、Watergate、フランクフルトのRobertJohnsonやMonza、ジュネーブのWeetamix、アムステルダムのClub 11、パリのTheRex、イビサのSpace、The Undergroundなど、そうそうたるクラブでそのプレイを披露してきている。ミニマル・テクノとディープ・ハウスを基調とした安定感のあるプレイと、奥行きのある楽曲知識に裏打ちされた懐の深さは一級品で、現在のロンドン・サウンドを象徴するDJの一人といえるだろう。

2007年9月には初となる"secretsundaze"のミックス・コンピレーションCDを相方のJames Priestleyと共に発表。シンプルにも"secretsundaze volume 1"と題されたCDはここ日本でも耳の早いクラバーの間で大きな話題となり、作年から今年にかけて彼等の必聴盤となっている。

http://www.myspace.com/secretsundaze